免許取得の為の注意点

学生ローンを利用する目的は人それぞれですが、免許の取得に利用したい場合に、特に注意すべき点はあるのでしょうか。また、適切に利用する方法はどのようなものでしょうか。

自動車学校自動車学校や教習所に通うために学生ローンを利用する場合、気を付けておきたい点があります。学生ローンを利用する際にも、貸金業法による総量規制が適用されるので、年収の3分の1までしか借り入れすることができません。免許取得までに自動車学校にかかる費用は大体30万円前後と言われており、合宿を利用する場合でも平均20万円程度必要になってきます。費用の全額を学生ローンで借り入れようとする場合には、その3倍の年収がなければならないということです。

そのため、費用の一部を学生ローンで借り入れ、残りの費用をアルバイト代などで貯金するという方法で教習所に通われる方も多いです。学生ローンでは収入証明書などの提出が不要なので、年収を多めに申告される方もいらっしゃるようですが、結局は返済できなくなって苦しむパターンも多いので、自重するべきでしょう。

運転免許の取得は、人生にとって大きな財産となります。その後生活していく上で得られるメリットは計り知れません。自分自身の将来に向けた投資のために、学生ローンを賢く利用することをお勧めします。(参照サイト:アミーゴ_学生ローン利用

Pocket

ローンの申し込み方法

免許取得の為に学生ローンの利用を考えているが、申し込み方法がわからなくて不安な方も多いと思いますが、具体的には、どのような方法で行うのでしょうか。また、ローンを組んだことを学校やアルバイト先に知られることはあるのでしょうか。

パソコン学生ローンの申し込みは、インターネットから行われることがほとんどです。電話でも受け付けてくれる業者もありますが、貸付業者の専用サイトから申し込みフォームを利用する方法が一般的です。申し込みフォームには学校名やアルバイト先などを記入する必要がありますが、学生ローンの場合は在籍確認を行わないので、業者から直接連絡が入ることはありません。ローンを組んだことを周囲に知られたくない方も、安心して申し込みが可能です。ただし、長期滞納などで督促の電話を無視していると、実家に督促状が送られることなどはあるようです。

学生ローンは審査がさほど厳しくないと言われますが、申し込みフォームに記入すべき事項が多数あります。氏名、生年月日、電話番号だけではなく、実家暮らしか一人住まいか、バイト先の勤務先や勤続年数などの記入も必要です。申し込みフォームの受付後に、本人と業者の間で電話による審査が行われ、融資が可能と判断されたら、申し込みが完了し、利用が開始されます。

学生ローンは審査の基準が緩いとは言え、責任を持って支払いを行う本人の意思が必要です。ローンを組む際には、計画性を持って利用しましょう。

Pocket

学生ローンで免許取得

生活をしていく上で、もはや欠かせないものとなっているのが運転免許です。就職してからではあまり時間が取れないため、学生の間に長期の休みを利用して取得しておきたいものです。車の教習所に通う費用は大体30万円前後と言われ、学生にとっては大きな負担になりますが、あらかじめ資金を準備するのが難しい方は、学生でも利用できるローンを利用するという方法があります。当サイトでは、学生ローンで免許を取得する方法について解説いたします。

運転免許学生ローンとは、学生を対象としたローンのことです。原則として、20歳以上の学生であることかつ、収入が安定していれば、保証人不要で利用ができます。アルバイトを何もしていない学生は利用することができません。収入が安定しているかどうかの基準は学生ローン業者によっても異なりますが、一つの職場で定期的にシフトに入っていれば、必ずしも週5日以上フルタイムで働いていなくても基準を満たしているとみなされることが多いようです。なお、未成年でも18歳以上であれば貸し付けをおこなってくれる業者もありますが、保護者の同意が必要になります。

また、学生ローンの審査では、借り入れたお金の利用目的が非常に重要となってきますが、運転免許の取得という目的があれば、審査に落ちることはほぼないと言われています。学生ローンの審査や申し込み方法、並びに免許取得に利用する際の注意点については、別のページで詳しく解説いたします。

就職活動の際にも、企業によっては運転免許の有無が採用の可否を左右すると言われます。当サイトを通じて学生ローンの利便性を知っていただき、免許取得のために是非とも利用を検討していただきたいと思います。

Pocket